美容室で使用されるトリートメントの正体!!

サロンへ通う際には、帰りには、気分も良くなり髪も良い感じで満足している人が多いと思います。その中で、自分もサロンと同じトリートメントを使うと髪が質が良くなると感じている人も多いと思います。
サロンで良い状態になると何でまとまるのか。ツヤがでるのか。自分でも髪のケアはしっかり行っているつもりだけど、全く効果を実感する事が出来ない場合には、サロンの方に相談すると思います。
その結果、トリートメントを使うといいですよ。などといわれることもあると思います。髪の毛の栄養成分を補給したり、浸透させたり、髪のコーティングなどがでいますという説明があります。
しかし、サロンのトリートメントは表面のコーティングの持続性アップとツヤツヤ、サラサラになるというのを進化させています。髪の毛の内部に栄養成分などは全く去りません。
どんな栄養成分と言われるものを浸透させても、ミネラルや画期的なたんぱく質を無理やり死滅した細胞で出来ている髪の毛は消化も吸収もないのです。髪の内部に何かを入れた場合でも、治らないし全く効果を期待する事はできないのです。
素人目には効果などわからにという人も多いと思いますが、髪の毛のツヤを出す効果だけで、髪の毛のツヤが出ることにより、ダメージがなくなったような錯覚になり、サロンに行ったから髪の毛が綺麗になると思ってしまうのです。
今の時代のサロンのトリートメントの多くは、単純に皮膜をコーティングして勝負しているだけなのです。実際に髪の毛にパーマなどをすると髪の毛は傷んでしまいます。それは熱を当てるという行為を行うので当たり前のことなのです。
しかし、サロンではそれを修復する事が出来て、ツヤのある髪の毛を目指す事ができるという美容師さんなども多いのですが、どれだけトリートメント頭皮の環境を整えることはできませんし、髪に栄養を与えることはできません。
実際にヘアダメージを軽減する方法としては、自宅で頭皮に優しいシャンプーなどを使って、頭皮の状態を清潔に保って行く必要があります。傷んだ髪の毛は、トリートメントを使わないと修復できないと思っている人やカラーやパーマをした後はトリートメントを欠かす事が出来ないという人も多いと思います。
しかし、何より大事なことは、美容室に毎日行く事が出来るわけではありませんので、自宅出来るケアをしっかり行っていく必要があります。カラーやパーマ、縮毛矯正をするとトリートメントをしっかり行った方が良いと言われることもありますが、断って良いと思います。
傷んだ髪にトリートメントをすることにより、修復出来ると思い込んでいる人も多いと思いますが、それよりも必要な栄養素をしっかり補って行く事の方が効果を期待する事が出来ます。
無理してトリートメントを購入するのではなく、自分に出来るケアを行っていく事の方が正しいです。髪の傷みについては、多くの女性が深刻な悩みを抱えてしまうのでうすが、自分なりに悩みを解決していく方法をきちんと判断する必要があります。